ETFとETNの違い

ETF(上場投資信託)とETN(上場投資証券、または指標連動証券)はどちらも証券取引所に上場している金融商品です。

その大きな違いは、裏付けとなる資産を保有しているか、していない(必要としない)かの違いです。

ETFでは、TOPIXなどの株価指数に連動させるために、構成銘柄の株式などを裏付けと資産として保有しています。投資家から見れば、間接的にとはいえ実際に株式を購入しているわけです。

一方、ETNはその裏付けとなる資産を保有していません。その代り、ETNの発行体である金融機関の信用力をもとに、指数との連動性を保証しています。

裏付けとなる資産を保有していないため、ETNには発行体の信用リスクが存在します。

しかし、東京証券取引所ではETNが上場する際、発行体の財務状況や信用格付けなどにおいて厳格な上場審査・廃止基準を設けています。

そのほかのETFとETNの違い

トラッキングエラーが発生しない
現物の株式等の資産を保有するETFは、運用次第では目標とする指数との間にずれ(トラッキングエラー)が生じる場合があります。

実際の市場取引において、売買の需給の関係から必ずしも対象指標の価格で購入できるとは限らないためです。

一方、ETNは発行体が対象指標とETNの償還価額が連動するよう保証されているため、運用にかかる手数料分を除いて、トラッキングエラーは発生しません。

さまざまな指数に連動が可能
ETNは裏付けとなる資産を保有しないため、外国人が投資する場合に規制がある新興国の株式や希少資源・農産物のような、現物の資産の保有が困難な指数にも連動させることができ、ETNの組成が可能といわれています。

ETFの手数料を比較!お得な証券会社は?⇒


ページトップに戻る