ETF セクター(業種)ごとの傾向

ETFには特定のセクター(業種)に投資するタイプのものもあります。

セクターごとの相場の騰落の動きはかなり異なります。そのときの経済状況を考えて投資するとよいかもしれません。

【景気敏感セクター】機械、鉄鋼、紙・パルプなど
国内外の景気変動を受けて大きく相場が動く傾向があります。構造改革や金融危機後のような景気回復に影響しそうな事象に騰がりやすいといわれています。

【金利敏感セクター】銀行、不動産、電力など
金利変動や金融環境の変化などによる金利動向に影響されやすい銘柄が該当します。多額な借入金が必要な大型インフラを抱える資本集約的な業種が多いです。

【ディフェンシブセクター】食品、医薬品、陸運(鉄道)、電力、ガスなど
景気や株式相場全体の変動を受けにくい業種です。景気の良し悪しにかかわらず人間が生きていくうえで必要となるモノ・サービスの銘柄が多いです。

セクター関連のETF

セクターにこだわったETFには、主に以下のようなものがあります。

ETF 対象セクター
[1610] ダイワ上場投信-東証電気機器株価指数 電気機器
[1615] 東証銀行業株価指数連動型上場投資信託 銀行業
[1634]ダイワ上場投信-TOPIX-17 食品 食品
[1635]ダイワ上場投信-TOPIX-17 エネルギー資源 エネルギー
[1636]ダイワ上場投信-TOPIX-17 建設・資材 建設
[1637]ダイワ上場投信-TOPIX-17 素材・化学 素材・化学
[1638]ダイワ上場投信-TOPIX-17 医薬品 医薬品
[1639]ダイワ上場投信-TOPIX-17 自動車・輸送業 自動車・輸送
[1623]NEXT FUNDS 鉄鋼・非鉄(TOPIX-17)上場投信 鉄鋼・非鉄
[1624]NEXT FUNDS 機械(TOPIX-17)上場投信 機械
[1625]NEXT FUNDS 電気・精密(TOPIX-17)上場投信 電気・精密
[1626]NEXT FUNDS 情報通信・サービスその他
(TOPIX-17)上場投信
情報通信・サービス他
[1627]NEXT FUNDS 電力・ガス(TOPIX-17)上場投信 電力・ガス
[1628]NEXT FUNDS 運輸・物流(TOPIX-17)上場投信 運輸・物流

どれも各セクターに存在する指数への連動を目標としているETFですが、それぞれの価格(株価)も違えば分配金利回り、信託報酬なども異なります。

ETFの手数料を比較!お得な証券会社は?⇒


ページトップに戻る