ETFで海外株式を手軽に購入

ETFなら、日本以外のアメリカ、イギリス、カナダといった先進国や、中国、ブラジルといった新興国の海外株式にも幅広くまとめて投資することができます。

ポートフォリオを考えた場合、国内株式だけでなく海外株式にも投資することはリスク分散になるのでぜひ考えたいものです。

外国株式を購入しようとする場合、日本株と違い各国の企業について知識がなかったり、業績などの最新情報も入手することが難しいのが実情です。

しかし、海外株式ETFで幅広く投資すれば、銘柄選択のリスクを避けることができるので、初心者にもおすすめです。

たとえば、[1680] 上場インデックスファンド海外先進国株式(MSCI-KOKUSAI)は、米国、イギリス、カナダ、フランス、オーストラリア、ドイツ、スイス、スペイン、スウェーデン、香港など先進23か国(日本を除く)の株価指数に連動するETFです。

また、 [1681] 上場インデックスファンド海外新興国株式(MSCIエマージング)は、中国、ブラジル、韓国、台湾、インド、南アフリカ、ロシア、メキシコ、マレーシア、インドネシアなど新興国21か国の株価指数に連動するETFとなっています。

海外株式に投資できるETF

まとめて外国株式に投資するのと同様の投資効果を得られるETFには、主に以下のようなものがあります。

ETF 対象指数 運用会社
[1581] iシェアーズ先進国株ETF
(MSCIコクサイ
MSCIコクサイ指数 ブラックロック・F・A
[1582]iシェアーズエマ株ETF
(MSCI エマIMI)
MSCI新興市場指数 ブラックロック・F・A
[1583]iシェアーズフロンティア株ETF
(MSCI F100)
MSCI フロンティア100 ブラックロック・F・A
[1680] 上場インデックスファンド
海外先進国株式(MSCI-KOKUSAI)
MSCIコクサイ指数 日興アセット
マネジメント
[1681] 上場インデックスファンド
海外新興国株式(MSCIエマージング)
MSCI新興市場指数 日興アセット
マネジメント
[1550]MAXIS 海外株式
(MSCIコクサイ)上場投信
MSCIコクサイ指数 三菱UFJ投信
[1554]上場インデックスファンド
世界株式(MSCI ACWI)除く日本
MSCI ACWI ex Japan
インデックス
日興アセット
マネジメント

先進国に比べ、成長率の高い新興国株式のETFのほうが相対的に大きいリターンを期待できますが、そのぶんリスクも高くなるので購入には十分な検討が必要です。

また、上記は日本の証券取引所に上場しているETFですが、楽天証券など一部の証券会社では、海外の株式市場に上場しているETFを購入することも可能です(海外ETFと呼ばれます)。

海外ETFでは例えば中国大陸市場A株など、外国の株式や不動産、債券などに連動する日本では取扱われていないETFに、日本にいながら投資することができます。

ETFの手数料を比較!お得な証券会社は?⇒


ページトップに戻る