日本版ISA NISA(ニーサ)口座開設はどこがいい?

日本版ISAのNISA(ニーサ)。口座をつくるならどこがおすすめか?

NISA(ニーサ)口座を開けるのは金融機関、つまり銀行や証券会社ということになります。しかし、銀行で購入できるのは投資信託のみで株式の個別銘柄を買うことができません。銀行ではなく証券会社でNISA(ニーサ)口座をつくるべきでしょう。

投資先の選択肢が多いほうがいい!

日本版ISAのNISA(ニーサ)で投資対象とされているのは上場株式(国内・海外株式、ETF、REIT等)と公募株式投資信託ですが、金融機関によって取扱商品が異なります。

ちなみに預貯金や債券、MMFやMRFなどの公社債投資信託、非上場株式はNISA(ニーサ)では対象外です。※今後変更の可能性もあります

どの金融商品に投資するかは各個人の判断になってくると思いますが、世界の経済状況が変わることを考えて、投資先の選択肢がより多いほうがベターでしょう。

主な証券会社のNISA(ニーサ)対象金融商品を比較してみました。
(2013年10月時点、投資信託のカッコ内はノーロード(手数料無料)投信の本数

  投資信託 国内株式・ETF
ETN・REIT
外国株式・海外ETF
銀行 × ×
SBI証券 約1,302本
(379本)
米国、香港、韓国、ロシア、ベトナム、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシア
楽天証券 約1,272本
(347本)
米国・中国・アセアン
マネックス証券 約669本
(197本)
米国・中国
カブドットコム証券 約403本
(205本)
取扱いなし
岡三オンライン証券 約110本
(29本)
取扱いなし
GMOクリック証券 取扱いなし 取扱いなし
松井証券 取扱いなし 取扱いなし

2013年10月調査時点なので、まだ不明なところもあるのですが、国内の株式・ETFについては取扱金融商品に違いはほとんどないといっていいでしょう。そのため各社の売買手数料の違いが選ぶポイントとなってくるでしょう。(手数料比較はこちら

なお、キャンペーンでNISA口座における売買手数料が実質0円(無料)やキャッシュバック割引となっているところもあります。→NISAキャンペーン比較

投資信託は本数が多いに越したことはありませんが、自分が投資したい内容のものがあるかを事前にチェックしておきたいところ。

外国株式については、証券会社によって取扱いにかなり違いがあるようです。投資初心者の方はいきなり外国株式は難しいと思うのでおすすめできませんが、中・上級者の方は検討の余地があるかと思います。

なお、国内上場の投信やETFにも外国が投資先となっているものが多数あるので、海外投資を考えている初心者の方はそちらを活用するとよいでしょう。

各証券会社の取引条件の詳細・口座開設申込みはこちら

SBI証券 ←住民票取得代行サービスも提供中!口座開設がラクにできます。

楽天証券

おすすめは上記2つ。取扱商品が豊富で手数料も割安、口座開設数も多いです。

マネックス証券
1回の売買額が30万円未満の場合はマネックスの手数料が安いです。

カブドットコム証券
他社にはない「フリーETF」という商品があり、一部の対象ETF銘柄が手数料0円となっています。NISA口座でETFを購入予定の方は要チェックです。

GMOクリック証券
NISA口座での売買手数料は全て0円とお得です。ただし投資信託を扱っていません。

松井証券
1日の約定代金が10万円までなら手数料0円なのがポイント。ただし投資信託を扱っていないので、例えばETFで毎月積立していく場合によいかもしれません。