海外ETFのリスク

海外ETFは、値動きのある外貨建て資産に投資する金融商品です。

指数に組み入れられている株式などの銘柄の値動きにより、ETFのNAV(基準価額)も変動します。

また、投資信託にはないETFの価格(株価)も、需給の影響を受けて常に変動します。

このように海外ETFは、元本保証の商品ではなく、預貯金とは異なり相場状況の悪化などで元本を割り込み、損失が発生する可能性があることを理解しておきましょう。

価格変動リスク

海外ETFが組み入れる有価証券は、経済の状況や市場での受給、個々の企業活動・業績などによって価格が変動し、それを受けてETFの価格も変動します。

特に、特定の地域やセクターの株式や債券、不動産、商品などが投資対象に含まれるETFでは、価格変動が比較的大きくなる傾向があります。

信用リスク

企業が倒産して投資資金が回収できなくなったり、業績不振や経営問題が起こったりすることで、株価などが大幅に下落してしまうのが信用リスクです。

また、企業が発行する債券の償還や利払いが履行されないリスクも指します。

流動性リスク

流動性リスクには2種類あり、
・市場で取引される海外ETFそのものの流動性に伴うリスク
・ETFが保有する株式の換金にかかる流動性リスク
が存在します。

前者は、ETFの出来高が極端に少ないと、価格変動率が高くなったり、相場状況によっては大幅な安値で売却せざるをえないことも考えられます。

このように、換金したいときにスムーズに市場で売却できるか、というリスクです。

後者は、組み入れられている銘柄の中に流動性の低い株式が含まれている場合、すぐに売却して現金化できなかったり、無理に売却しようとして価格変動率が高くなったり、相場状況によっては大幅な安値で売却しなければならなくなることです。

為替変動リスク

海外ETFは外国の金融商品であり、売買取引が外貨建てのため、為替変動の影響を受けます。為替リスクとは、為替レートの変動によって、日本円に換算した場合の資産価値が変動するリスクです。

為替レートの変動によっては、海外ETFの価格が購入時より値上がりしても、そのときの為替レートで換算していたら元本割れだった、ということもありえます。

日本から海外ETFを売買する場合、基本的には、購入時は円高、売却時は円安で取引できれば有利となります。そのため売買時の経済状況やタイミングも重要になってきます。

上場廃止リスク

ETFの出来高が極端に少ない状況が続いた場合、上場廃止となり運用が終了してしまう可能性があります。(その場合繰り上げ償還となります。)

連動性が失われるリスク

海外ETFは指数に連動することを目的としていますが、ETFの市場価格(株価)は需給によって決まることから、基準価額(NAV)と乖離するリスクがあります。

また、ETFに組み入れられている銘柄に配当金が支払われた場合、ETFのファンド形態(リーガル・ストラクチャー)によっては、配当金の再投資方針により、連動対象とする指数との間にパフォーマンスのズレが生じる可能性があります。

金利リスク

金利が上昇している局面では、債券や不動産に対する投資価値が上がることで、海外ETFの価値が相対的に低下し、価格が低下するリスクがあります。

これはETFだけのリスクではなく、投資信託や株式にもあるリスクです。

海外ETFの手数料を比較!お得な証券会社は?⇒


ページトップに戻る